New Vacant-Pastime

日記以外のエントリー系

何故僕が彼女との日々を書かなくなったか

最近の自分のネタがラブライブしか無い!

滔々とラブライブが好きかについて永遠に語っても良いのだが、僕には自分の想いを文章で伝える術が乏しく、仮に伝えられたとしても只々気持ち悪いのであまり意味が無いと言うね。

 

と言う訳でふと思ったこの話。(実はこの記事の書き始めから120日放置してました……)

 

前に何度か書いたが、ネットの社会で異性関係のネタは仕事ネタと同じぐらいネガティブイメージが付きまとう事が多い。

今日もまとめサイトを見れば(おそらくだが)結婚叩きやら社畜関連やらがそれなりにあるに違いない。当時の僕はこれを見て「何故彼女の楽しい日々を書く人が(周りにもネット上でも)いないんだ。ならば俺ぐらい楽しい日々を書いてやる!」と思っていました。

実は行くとこいけばあるのだが、その当時は気づいてませんでした。

そしていざ付き合って、意外に彼女との日々が書きづらい事に気づいたのです。

 

※これはあくまで熱心に惚気やら理論書いてた僕が何故書かなくなったかの話です

 

内面にかかわる事が増えた

付き合う期間が長くなれば長くなるほど、お互いの内面に触れ合う機会と言うのが増えてきました。内面に触れ合う内容はそう簡単にSNSに流せるものではないかと。

 それはなまなましい内容もそう。今日キスしてアレして、中々良かったなんて20代後半にもなったリーマンが堂々とSNSに書けるものではないと思う……

 

惚気期間が終わった

付き合って3ヶ月目まではこの幸せな想いを誰かに伝えたいという凄いエネルギーがあるのですが(実際このブログ始めた当初はかなり熱心に更新してました)、それが過ぎるとそのエネルギーが消失していきます。

いることが当たり前になるという感じなのかな?当たり前な事を熱心に書きたいと思わなくなるなってから、このブログは急速に更新頻度が落ちました(汗

 

次のステップに進んだ

恋愛の次の過程である、結婚や出産のステップに意識が進みました。

どうしたら良い結婚生活が送れるのか……いい夫になるには……産後クライシスにならないためには……

もっと言えば今の収入とのバランス、貯金、生活、仕事。色々考える事は増えていきます。

 

こんな状態で今更彼女作るにはとか、恋愛とはなんて語ってる場合ではないといったところでしょうか?僕はもうあまりその辺に熱意はありません。これがツイッター程度ならまだしも、この記事みたいに2000字近くも「如何に自分が幸せか」なんて書くエネルギーはもう埋まれない訳です。飽きたともいう

まあ……そんな記事人が読みたいのか……という話もありますが……

 

とはいえはてぶでは一番突っ込みやすい内容なので、相変わらず恋愛系に言葉を残す事が多いですが……

 

 今は……その先は?

じゃあ書かなくなった僕は不幸せなのかと言えば、結構毎日色々ありつつも楽しく過ごせてます。こんなに幸せで良いのかなぁ~なんて思う瞬間もあれば、めんどくせぇ……って思う瞬間もある。(勿論相手もそう思ってるであろう)

今の僕はそれを含めても楽しく過ごせていますよ^^という久々の惚気記事でした。

 

数年後にこの記事を読んではたして自分はどう思うのか……小町みたいな内容になるのか、惚気続けているのか、産後クライシスで冷戦状態になっているのか……

もしこの記事が彼女(or妻)の愚痴記事やら結婚反対論に転換したら、ハンカチを用意してください。

 

P.S

負のエネルギーって凄い筆が進むんですよ。理論も立てやすいし、不幸は蜜の味だから反応も得やすい。何故僕はダメなのかとか余裕で書けると思う。

 

それに比べて正のエネルギーって結構筆が進まないんです。冷静になる事が多くて……

自分のダメなところ5つ上げろより、自分の良いところ5つ上げろの方が難しいのと同じです。

 

その辺も惚気記事が少ない原因の一つかもしれません。